京都庭園blog

京都庭園blogは、京都の庭園巡りが趣味の管理人が綴るブログです。 京都名庭園の春夏秋冬、四季折々の風景をお届けします。 京都観光の参考や日本庭園巡り、神社仏閣巡りの参考になれば幸いです。

京都庭園blogは、京都の庭園巡りが趣味の管理人が綴るブログです。
京都名庭園の春夏秋冬、四季折々の風景をお届けします。
京都観光の参考や日本庭園巡り、神社仏閣巡りの参考になれば幸いです。

(c)kyoutoteien.doorblog.jp/ All rights reserved.京都庭園blog

花菖蒲満開の初夏の平安神宮神苑の様子をお届けします。 平安神宮神苑は、ご社殿を取り囲むように東・中・西・南の四つの庭からなっています。総面積33,000㎡(約10,000坪)の広大な池泉回遊式庭園で、植治こと7代目小川治兵衛さんによるものです。昭和50年12月に国の名勝 ...

あじさい寺、三室戸寺。 三室戸寺は西国観音霊場十番の札所で、 約1200年前(宝亀元年)、光仁天皇の勅願により、三室戸寺の奥、岩淵より出現された千手観音菩薩を御本尊として創建されました。 6月にはアジサイ園に50種・10000株の西洋アジサイ、額あじさい、柏葉ア ...

甘茶の寺、建仁寺塔頭、霊源院。 霊源院は京都最古の禅宗寺院として名高い建仁寺境内南東に位置し、応永年間(1394年~1428年)、龍山徳見和尚を勧請開山として、その弟子である一庵一麟によって創建されました。鎌倉時代末期から室町時代にかけ、漢文学・五山文学の最高 ...

初夏の詩仙堂です。 詩仙堂は石川丈山が寛永十八年(1641年)にこの地に建てた草庵です。 詩仙堂は正しくは「凹凸窠(穴編に果)」(おうとつか)と云います。「凹凸窠(穴編に果)」とは、でこぼこした土地に建てた住居という意味です。 この「凹凸窠」の中心には、中国 ...

初夏の永観堂です。 正式名称は「聖衆来迎山 無量寿院 禅林寺」(しょうじゅらいごうさん むりょうじゅいん ぜんりんじ)と云います。 第七世法主永観律師にちなみ''永観堂''と通称される。 モミジの永観堂とも云われるほど紅葉のモミジで有名なお寺です。 総門から中門へ ...

妙心寺塔頭、大心院。 1479年足利幕府の菅領、細川政元が景堂和尚に帰依して上京区大心院町に建立した寺院で、後に細川幽斎により妙心寺に移転しました。 先程の写真は、その大心院の方丈東庭で、「阿吽庭」(あうんてい)と呼ばれております。 阿吽洞という彫刻家・佐藤 ...

京都八瀬大原、瑠璃光院。 山と渓谷がおりなす風光明媚な八瀬にある瑠璃光院は、大海人皇子が釜風呂で傷を癒したと伝わる平安時代からの保養所です。矢で背中に傷を負ったことから、「矢背」とも云われていました。 一万二千坪の広大な敷地のなかには3つのお庭があります ...

京都最古の禅寺、建仁寺。 潮音庭(ちょうおんてい)。 建仁寺本坊の中庭にある四方向から眺めれる枯山水の庭です。 庭師・北山安夫さんの代表作の一つとされています。 中庭の中心に据えられた3つの石が、東西の渡り廊下など四方のどこから見ても 正面に見えるよう ...

妙心寺塔頭、退蔵院。 枯山水庭園「元信の庭」。 剣豪・宮本武蔵も修行をした方丈をとり囲むように作庭された枯山水庭園です。多くの庭園は有名な禅僧か造園家が作庭しているのに対し、室町期の画家・狩野元信により作庭された珍しい庭園です。 常緑樹を中心に植えられてお ...

サツキ咲く、智積院。 利休好みの庭と伝えられる庭園です。豊臣秀吉公が建立した祥雲禅寺(智積院の前身のお寺)時代に原形が造られました。 その後、智積院になり、第七世運敞(うんしょう)僧正が修復し、東山随一の庭と言われるようになったそうです。 築山・泉水庭の ...

東福寺塔頭、芬陀院庭園(ふんだいんていえん)。 通称雪舟寺庭園(せっしゅうじていえん)。 芬陀院の南庭は室町時代に活躍した有名な水墨画家・雪舟が京都でただ一つ手がけた庭とされています。 2度の火災にあって荒廃していましたが、重森三玲さんにより復元されまし ...

岩倉、実相院。 実相院は、門跡寺院で、住職を天皇家の血を引く方々が務められていた、格式の高い寺院です。 実相院には、二つのお庭があります。一つが、先程の写真の比叡の山並みを借景とした石庭です。借景で有名な圓通寺と比べると、塀は低く抑えられており、手前の植 ...

大原、実光院。 京都洛北大原にある実光院は勝林院の子院で、二つ庭園から成り立っています。 一つは、先程の写真の客殿の南側に広がる庭園で、江戸時代後期の作庭で、小野山中から音無の滝を経て流れてきた律川より水を引く心字の池を中心とした池泉鑑賞式「契心園」です ...

大原、三千院。 京都市内から北東へ、街の喧騒を離れた周りを山に囲まれた自然豊かな大原の里にあります。 1200年前に最澄が比叡山に一院を開いたのが始まりです。その後、寺院は転々とし、明治維新の後に現在の大原の地に移り、「三千院」と名乗るようになりました。 中 ...

大原、宝泉院。 額縁庭園「盤桓園」で有名なお寺です。 宝泉院は、三千院の参道の突き当たりにある、天台宗仏教が栄えた頃の大原の中心的道場であった勝林院の僧坊として800年ほど前に作られたお寺です。1999年夏の「そうだ 京都、行こう。」に紹介され、鴨居と柱をフレー ...

↑このページのトップヘ