京都観光や京都庭園巡りにオススメのホテルをご紹介します。今回ご紹介するのは、2016年8月19日オ-プンの新しいホテル、「ダイワロイネットホテル京都駅前」のスタンダードダブルです。

image


コンセプト「キモノ・マインド」

「ダイワロイネットホテル京都駅前」は京都では3番目となるダイワロイネットホテルで2016年8月19日オープンしました。

京都を象徴する着物文化をテ-マにし華麗な西陣織を館内の意匠に贅沢に使用したホテルとなっております。

コンセプトは「ダイワロイネットホテル×キモノ・マインド」で、京都を象徴する着物文化をテーマに、華麗な西陣織を館内の意匠に贅沢に使用されております。

メインロビー空間は、伝統素材・技術をあしらった「キモノ・マインド」に加え、ラグジュアリーな空間構成となっており、共用部の廊下やエレベーターホールでは、足元を照らす「通り庭」のように足元を照らす行燈と土間を通りぬけるような、心地よく柔らかいデザインとなっております。

京都駅より徒歩4分、京都駅地下道と直結しており雨の日でも大変便利です。

まずは、エントランスから廊下迄の様子をご紹介します。

脇にある間接照明のスリットに導かれながら長いアプローチを進みます。

image


すると、ロビーに到着します。ロビーには西陣織のソファーが設えてあります。白木調の棚や格子、黒い大判のタイルなどが組み合わされ和風ラグジュアリーな印象です。

image


続いて、エレベーターより上に向かいます。

image


image


エレベーターホールから廊下にかけて、足下灯を行灯のように配した「通り庭」風の大変落ち着いた雰囲気です。

客室スタンダードダブル

いよいよ、客室のご紹介です、今回ご紹介するのは、スタンダードダブルです。京の町屋をイメージしたデザインで、西陣織に囲まれたベット周りや茶器セットが用意されております。コンセプトである「キモノ・マインド」で設え、利用客を包み込むような、京の町屋の「居間」のような空間を演出。西陣帯に囲まれた「Obi Design」の部屋と、京の縁側をイメージした「Engawa Design」の客室で、ラグジュアリーで快適な「Kyoto Stay」を味わうことが出来ます。

まずは、客室のドアを開けて中に入ります。

黒いカーペットに白木調の造作材をあしらった洗練されたデザインのインテリアです。

image


続いて、ベット周りの様子です。

image



西陣織の帯に包まれる京都らしいデザインです。

image


続いて、デスク周りです。

白木調のデスクとなっております。

image


大きめの液晶テレビに風呂敷に包まれた小物など、とても配慮の行き届いた設えとなっております。

image


image


image


続いて、姿見とクローゼット内の様子です。

image


image


金庫やズボンプレス、消臭スプレーなど長期滞在にもオススメとなっております。

続いて、ユーティリティーです。

ベッセル型の洗面台に、タンクレスのトイレ、卵型の浴槽など、とても素敵なデザインです。

image


image


アメニティも白木の箱に入っており素晴らしいです。

image


image


「ダイワロイネットホテル京都駅前」の所在地は京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町707-2、交通は「京都」駅より徒歩約4分、京都駅地下街ポルタより地下通路で直結となっております。アクセスも抜群のこのホテルで、京都らしい滞在を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ちなみに、京都タワーまでは徒歩1分、東本願寺までは徒歩2分、西本願寺までは徒歩10分となっております。

アクセス

〒600-8216
京都府京都市下京区烏丸通七条下る 東塩小路町707-2



ご予約はこちらからが便利です。(スポンサードリンク) Powered by じゃらん