京都八瀬大原、瑠璃光院。 山と渓谷がおりなす風光明媚な八瀬にある瑠璃光院は、大海人皇子が釜風呂で傷を癒したと伝わる平安時代からの保養所です。矢で背中に傷を負ったことから、「矢背」とも云われていました。 一万二千坪の広大な敷地のなかには3つのお庭があります ...