京都の梅の名所、50種1500本もの梅が香る北野天満宮の上品で雅な境内と梅苑の様子をご紹介します。
image

北野天満宮の沿革

北野天満宮は、平安時代中頃の天暦元年(947)に西ノ京に住んでいた多治比文子や近江国比良宮の神主神良種、北野朝日寺の僧最珍らがここに神殿を建て、菅原道真公を祀ったのが始まりとされています。

その後、藤原氏により大規模な社殿の造営があり、永延元年(987)に一條天皇の勅使が派遣され、国家の平安が祈念されました。この時から「北野天満天神」の神号が認められました。

江戸時代には、各地に読み書き算盤を教える寺子屋が普及し、その教室に天神さまがおまつりされたり、道真公を描いた「御神影」が掲げられて、学業成就や武芸上達が祈られてきました。このことがのちに「学問の神さま」、「芸能の神さま」として広く知られるようになった所以です。現在の全国約1万2000社の天満宮、天神社の総本社です。

天神信仰の発祥の地であり、親しみをこめて「北野の天神さん」、「北野さん」と呼ばれています。

国宝の社殿と梅の咲く境内の様子

まずは、桃山時代の建築様式で重要文化財に指定されている「三光門」をご紹介します。
image

image

本殿前の中門で、日・月・星の彫刻があることから三光門と呼ばれます。ただ、実際には星の彫刻はないとも言われ、「星欠けの三光門」として「天神さんの七不思議」に数えられています。 社殿と同じく、されています。

次に紹介するのは、国宝に指定されている社殿です。
image

ご祭神菅原道真公をおまつりする本殿と拝殿、石の間、楽の間を連結した日本最古の八棟造(権現造)です。現在の建物は慶長12年(1607)に豊臣秀吉公の遺命により豊臣秀頼公が慶長12年(1607)により造営されたもので、桃山時代の華麗な装飾とともに、歴史的に非常に貴重な建築とされています。

菅原道真ゆかりの梅苑

梅苑は菅原道真公ゆかりの梅50種約1,500本があり、花の時期には約2万坪の境内一円で紅白の梅がt次々にと咲き競います。早咲きの梅は例年12月中旬頃からつぼみがふくらみ始め、正月明けから開花し徐々に咲き繋ぎ3月末頃まで長く楽しめます。

梅苑の公開は例年2月上旬頃からで、3月下旬までです。

それでは、いよいよ梅苑の様子をご紹介します。
image

梅苑は白梅、紅梅、一重、八重と色とりどりに咲く梅の間を縫うように散策路が延びています。その中を思い思いに進んでいきます。
image


image


image


image


image


image


image

いかがでしたでしょうか?50種もの様々な開花時期の梅があるため、長い間楽しむことが出来ます。梅の上品な香りの漂う中、色とりどりの梅を愛でに行ってみませんか?

また、2月25日には梅花祭と梅花祭野点大茶湯も行われ、毎年多くの観梅者でにぎわいます。

アクセス

〒602-8386
京都府京都市上京区馬喰町


  • バスを利用する場合

    JR・近鉄京都駅から
    市バス 50・101番系統 北野天満宮前下車 徒歩2分

    JR・地下鉄二条駅から
    市バス 55番系統 北野天満宮前下車 徒歩2分

    JR円町駅から
    203番系統 北野天満宮前下車 徒歩2分

    地下鉄今出川駅から
    市バス51・102・203番系統 北野天満宮前下車 徒歩2分

    京阪出町柳駅から
    市バス102・203番系統 北野天満宮前下車 徒歩2分

    京阪三条駅から
    市バス10番系統 北野天満宮前下車 徒歩2分

    阪急大宮駅から
    市バス55番系統 北野天満宮前下車 徒歩2分

    阪急西院駅から
    市バス203番系統 北野天満宮前下車 徒歩2分

  • 電車を利用する場合

    京福電車白梅町駅より徒歩5分


※駐車場 自家用車300台分 無料

拝観時間 : 9:00a.m - 4:00p.m.
拝観料 : 大人・中、高校生 700円  小学生 350円(茶菓子付き)
電話番号 : 075-461-0005
公式HP : http://www.kitanotenmangu.or.jp